きものあれこれ

① きもののお手入れと保存の方法

衿元の汚れ(ファンデーションなど)や汗じみ、雨じみなど
気づかないうちに、しみを作ってしまうことがあります。
そのままにしておくと、お気に入りのきものも台無し。
いつまでもきれいなままで着られるよう、
きものをしまう前にはチェックが必要です。

■日頃のお手入れ
帰宅したらすぐ、衣文掛にかけて、最低2時間から長くて一昼夜、
陰干しをして風を通します。
長く掛けておくと、きものの裾に「ふくろ」が入ります。
しみや汚れがないかを点検して、和紙の畳紙に入れて、
覗き穴を手前にして、たんすにしまいます。
きものや帯がビニール袋に入って届いたときは、
必ず出して2~3時間陰干し、改めて和紙の畳紙で包み直します。
きものの種類や色・柄を畳紙の表に書いておくと便利です。
きもの・帯・長襦袢など、それぞれ別の畳紙に一枚ずつしまうと、
中でずれたり、たたみじわが出来たりしません。

■防虫・防腐剤の使い方
防虫剤のナフタリン・樟脳など成分の異なるものを一緒に入れないこと。
金箔や銀箔の使用されているものには、
防虫剤を入れると変色する恐れがありますので、気をつけましょう。
また、匂いが強い場合は、前日に衣文掛に掛けておくとやわらぎます。
防虫剤のかわりに匂い袋でもよいでしょう。
良い香りがするとともに、虫がその匂いを嫌うところから、
虫よけにもなります。

■虫干しの仕方
カビ防止のために虫干しは年に1、2回行います。
2月の寒干し、7月の土用干し、特に7月は熱気が強いので、
ウールには最適です。絹ものは2月頃晴天が2~3日続いた日に行います。
風通しのよい部屋にロープか竿を張り、裏返して干します。
午前11時頃から午後3時頃まで陰干しにします。
帯や小物も干しましょう。
虫干しの出来ないときは、たんすの引き出しを開けておく
だけでも効果はあります。

■しみ抜き方法
衿や袖口など、油性の汚れはベンジンで取ります。
ベンジンで布に含ませて汚れの周囲から中心に向かって、
たたくようにします。大切なことは、ベンジンで濡れたところと、
周囲の乾いたところに際がつかないようにぼかすことです。
高価なきものの場合は、できるだけ早く専門家に依頼した方が
よいでしょう。
ドライは2~3回までにしましょう。
洗い張りで水洗いをすると見違えるようになります。